So-net無料ブログ作成
検索選択

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(8) [もとこちゃん]

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(8)
 今日から、家が建ちはじめます。「建て方」という新しい言葉を教えてもらいました。建て方とは、現場で主要な構造材を組み立てることです。棟上げ(上棟)までの作業を指します。
 もとこちゃんが見に行ったら、もう柱がにょきにょき立っていてびっくりしました。
「柱の上の方がへんな形だよ」
「でこぼこのところに、木材が組まれていくのよ。楽しみね」おかあさんは写真をたくさん撮りました。
dodaikumi03.JPG

「あっ!石の上に柱がのっかってる」
「ほんとのっかってるだけだわ」
dodaikumi01.JPG

 明日からは、クレーン車も来て屋根の方の大きな材木をみんなで組んでいきます。
dodaikumi02.JPG

「ほら!桜のつぼみがふくらんでピンクになってきたよ」おかあさんが見つけました。
utakosakura03.JPG


<伝統構法と足固め>
柱の50cmくらい上のところは、すべて横材が入ります。中の柱には十文字に横材が入るように刻まれます。こうしたやり方を足固め工法といいます。足固めをしない昔の伝統構法の柱は、長い年月の荷重や負荷で柱が根元のところで曲がってしまうこともあるそうです。全部の柱を下のところで均等に支える仕組みになっています。
タグ:伝統構法
nice!(17)  コメント(6) 

nice! 17

コメント 6

kurizo

石場建てに新しい木材、美しいですね。
石場建ての場合、通気がいいので、床下に入ることはないのでしょうか。
ちょっと下にもぐるには低いのかなと感じました。
by kurizo (2010-03-22 20:47) 

takui

正に新旧良いとこ取りですね。
もとこちゃんは桜の花とお家と春の楽しみがいっぱいあって楽しそうですね。
by takui (2010-03-23 18:13) 

kido_azusa

kurizoさん
伊東社長に聞きました。床下は55センチ~60センチぐらいあるそうです。我が家でも床下へ入る板戸が付いています。
by kido_azusa (2010-03-23 18:59) 

kido_azusa

takuiさん
この桜の花は、すばらしい一本桜です。大工さんたちも花見をしながら仕事ができて和むと思います。
by kido_azusa (2010-03-23 19:01) 

chal

足場の単管パイプの太さから見て、梁も柱も太そうですね・・・。
by chal (2010-03-23 19:03) 

kido_azusa

chalさん
この家は、平屋です。でも、かなり大きい家です。使いやすいようにいろいろ工夫されています。
by kido_azusa (2010-03-23 19:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。