So-net無料ブログ作成

近江八幡 その4 [家]

近江八幡でのウォーリズの残した功績、現在も続く大きな足跡を残しています。
ウォーリズは英語教師、建築家、実業家、病院経営、学校経営と実に多彩で大きな仕事を成し遂げました。
まずは『建築』
実におしゃれで繊細な西洋建築です。
oumihachiman08.JPG

次は『実業家』メンタームの製造・販売で大きな富を得ました。
oumihachiman09.JPG

かわいらしい銅像もありました。この女の子が持っている花束は、本物みたいです。きっと、花瓶になっていて時々換えられるのかなって思いました。近くへ寄って確認しなかったので本当は分かりませんが。
oumihachiman10.JPG


ところで、現在の近江八幡の観光の一番人気は、伝統建築でもなく、ウォーリズでもありません。
『たねや』のクラブハリエで実演販売しているバームクーヘンです。(のような雰囲気でした)観光バスが停まるやいなや、お買い物で意欲満々の様子です。東京、大阪、名古屋でも実演販売して行列が出来るお店になっているようです。友人に買ってくるよ・・・と話すと『( ^)o(^ )』と大喜びでした。友人は、ウォーリズや近江八幡は知らなくて、クラブハリエの焼きたてバームクーヘンはちゃんと知っていました。

タグ:伝統構法
nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:住宅

nice! 11

コメント 3

風の谷

こんばんわ。

去年10月の「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展 in 近江八幡」、行きましたよ。
八幡の町家も見て来ました。

ヴォーリズ、町家・・・・・最近、建築としての技術だけではなく、安らぎの空間として、どこかに神や仏の存在が隠されているような気がしてきています。
日本の今の住まいが失った最大のものは、「信仰」(=「宗教」ではありません)なのかもしれません。妖怪が住めなくなった家には人も住めないのか
も、なんて思ってます。

by 風の谷 (2010-05-30 00:01) 

肉球

おしゃれな西洋建築ですね~。
メンソレータムはここが発祥なんですね。

by 肉球 (2010-05-30 13:13) 

kurizo

近江兄弟社と聞くと商標をとらなかったばかりに『メンソレータム』ができた話を思い出します。
商標をとっていたら、もっとすごかったのでしょうね。
それにしてもすばらしい西洋建築です。
by kurizo (2010-05-30 17:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。