So-net無料ブログ作成
検索選択

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(23) [もとこちゃん]

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(23)
もとこちゃん、てるてる坊主をつくってお願いしました。その効き目があったのか梅雨がちょっとやんだので、お母さんにねだってお家を見に行きました。
トントン、音が聞こえます。
「大工さんかなぁ?なんのお仕事だろう」音に誘われるようにお家に入りました。
yukahari03.JPG

「あっ、木の床張りだ!」
「ほんと、もう2部屋張り終えてるわ。今やっているのは3つ目の部屋だわね」
大工さんは、長い床の材料をすみの方から一枚ずつ張っていきます。材料をよく見ると、右側と左側がちがっています。片方が出っ張っていて、もう片方がへこんでいます。一枚ずつ、きちんと隙間なく張ることができるための材料でした。
この材料は、杉です。節が少なくてとってもきれいな材料でした。
「一枚張ったら、木をあてて金づちでこつんこつんとたたくのだね」
「隙間なく張ることができるようにしています」
大工さんが教えてくれました。
yukahari02.JPG

「張った後をすぐ隠しちゃうんだね」
「養生というのよ。うまく隠しておくときれいな床ができるのよ」
yukahari01.JPG

タグ:伝統構法
nice!(7)  コメント(3) 

nice! 7

コメント 3

chal

ともこちゃんシリーズ。久しぶりです。
それにしても、殆ど ”節” が無くて、最高の材料ですね・・・。それに、半端ない厚さです。素晴らしい。”サネ”を、加工した大工?(材木屋?)さんも、喜んで仕事をされたと思います。
by chal (2010-07-01 23:54) 

kido_azusa

chalさん
土壁を乾かす時間が長かったので、床張りはちょっと遅くなりました。厚さは、35ミリだそうです。
by kido_azusa (2010-07-02 22:11) 

kurizo

1枚目の写真、確かにキレイな床材ですね。
美しい床とはこういうことだと思います。
香りも良さそうですね~。
by kurizo (2010-07-04 19:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。