So-net無料ブログ作成

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(7) [もとこちゃん]

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(7)
もとこちゃんのおかあさんは、伊東社長に質問をしていました。聞いていたもとこちゃんは『むずかしい話だな』と思いました。それは、この写真のように、まがった石の上に柱がピタッと立っていること話でした。どうしてこうなるのだろうかとお母さんは聞いていました。
 それは、『ひかりつけ』という技術だそうです。まず、石の上に柱を立てて、からす口という道具を使って線を引くのだそうです。石が曲がっていると同じようにして、柱に線が付きます。その線のところを基にして、削っていくのだそうです。
hikarituke01.JPG

 でも、柱の中の部分の曲がりまでは、外の線からでは分かりません。そこで、石の柱が付くところに青チョークを塗ります。
hikarituke03.JPG

その上に、柱を置くのです。そしたら、柱の木が削られてなくて飛び出ているところに青い色が付くのです。その部分を少し削っていきます。そして、また、石の上に置いてみます。何度もやって調整するのだそうです。
hikarituke02.JPG

とっても、時間がかかるお仕事です。立った時には、その仕事の大変さが隠れてしまうのです。
大工さんの仕事は、すごいなってもとこちゃんは思いました。

<光付け(ひかりつけ)>
日本の建築の技法に「ひかりつけ」というものがあります。基礎石の上に柱を置きたいという時に、石の曲線に合わせて柱の下端部を削り、石と柱が密着するように作るのがこの技法です。既存の古民家は基礎石を置いてあることがほとんどですので良く見られます。また和室の床の間では丸太材や丸面のついた材を使うことが多いので、角の材との接合部分には「ひかりつけ」を行います。柱が太く大きいほど手間がかかります。
タグ:伝統構法
nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(6) [もとこちゃん]

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(6)
もとこちゃんは、梓工務店の大工さんのお話を聞いていると、びっくりする言葉がいっぱいです。たとえば、「木を刻む」「墨つけ」
 今日、聞いたのは「墨出し」ということでした。「墨出しをしているから、見にきてください」との連絡で行ってみました。
 この作業は、中心のところに、一本線を引くのです。そして、トランシットという道具を使って、この線に対して直角に線を引きます。それを基準として、次の線を引いていきます。その線は、写真では見えにくいですが、墨の線のようになっています。
 交わっているいくつかのところには、柱を立てる基礎石(御影石)を固定します。もちろん、自然石を置く場合もあります。もとこちゃんは線を踏まないように歩いてみました。
sumidashi01.JPG

 伊東社長さんに、基礎の図面を見せてもらいました。黒い図面が、基礎の部分。その上に赤く書いてある図面が柱が置かれるところです。これによって、基礎石と柱がピタッと合うようになります。
「色を変えた図面は、アイディアですね」とお母さんが感心していました。もとこちゃんもそう思いました。
 
sumidashi02.JPG

 土地の全体の様子です。
sumidashi03.JPG


<墨出しとは>
建築現場において、更地(まだ工事に着手せず、手入れのしていない土地)から竣工(工事完成)まで、ありとあらゆる基準となる線を引く(墨を出す)こと。水平を見る「レベル」、水平・垂直を計る「トランシット」と呼ばれる測量機器を使用し、墨つぼ(墨汁の入ったつぼ状の道具)を用いて糸を弾くかたちで現場の壁や床に基準の線を引いていく。レベルやトランシットをのぞきなが指示する人と、実際に印を付ける人とで二人ペアになっている場合が多い。


タグ:伝統構法
nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:住宅

伝統構法の新しい動き [家]

2010年3月16日の国土交通委員会の質疑で伝統構法がとりあげられました。これで国会の場としては3回目となります。いずれも埼玉の西田議員による質問です。
今回の質疑の要約は
①『伝統的構法の設計法作成及び性能検証事業』が2008年度より3ヶ年としてきたが、2009年11月19日の質疑で、委員の中立性に問題があるとの指摘を受け、2年で打ち切り、予算成立後新たな委員構成でスタートする。
②新たな検証事業では、石場建ての実物大実験を行う。
③当面の措置も、十分に前向きに検討する。
です。詳しくは、http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.phpの3月16日の国土交通委員会のやりとりでご確認下さい。
 限界耐力計算にもとづく石場建ての建築確認も近畿だけでなく埼玉でもおりたとのことです。2010年6月からもっと迅速にする運用改正も始まります。施主が希望すれば、それに応じて安全かつスムーズに建てられる道が広がっていくことを切に願っています。
dentoukouhou.JPG




タグ:伝統構法
nice!(18)  コメント(8) 
共通テーマ:住宅

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(5) [もとこちゃん]

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(5)
 もとこちゃんはお母さんといっしょに梓工務店にいきました。梓工務店には、大きな作業場がいくつもあり、大工さんたちが仕事をしていました。もとこちゃんのお家だけでなく、他にも何軒もお家が建つそうです。
お家に使われる材料をみせてもらいました。
「わっ、でこぼこしてる」
「きざみといってね、木と木が合わせやすいように工夫してるのよ」お母さんが教えてくれました。
kizami01.JPG

「あ、字が書いてあるよ。えっーと『り』『に』『ち』『ぬ』‥なんだろう?」
「きっとお家のどこに使うか分かるようにしてるのよ。字だけでなく番号もあるでしょう。あれが、印になるの」お母さんがいいました。
kizami02.JPG

「長がーくて太い木があるよ」
「太さが30cmぐらいあるわ。ほんとに太いわねー。どこに使われるのかしらね」お母さんも感心していました。
kizami03.JPG

来週は、この木材が土地に運ばれるのだそうです。

タグ:伝統構法
nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅

桜餅はいかが [日々の想い]

 この季節に必ず作るのが「桜餅」です。
私のお気に入りの桜餅は、「江戸風 長明寺餅」です。小さい頃から、桜餅と言えばこれでした。でも、ここいらにはありません。故郷へ帰ったとき、松江の和菓子屋さんで買ってくるのが楽しみです。「江戸風 長明寺餅」は、ワッフルのようです。平べったくした生地で餡を包んでそれに桜の葉でくるみます。故郷、島根は何で江戸風なの?とは思います。
 作るのは、「上方風 道明寺餅」です。道明寺粉という餅米で作ったブツブツの粉を使います。いたって簡単。あっという間にできますし、多少大きさがちがったって、葉が隠してくれます。赤い食紅の量を慎重に入れないと真っ赤っかになるので、そこだけは注意です。ほんのりピンクが一番ですから。毎年、何十個も作りますが、ほとんどがお裾分けで出ていきます。
 使う桜の葉は、塩漬けの大島桜の葉です。9割以上が伊豆地方で生産されているそうです。以前の職場に大島桜があったので塩漬けに挑戦したのですがダメでした。塩漬けにすることでクマリンという芳香成分がうまれ、あの独特の風味を醸し出すのようです。
sakuramochi.JPG

 桜餅のこの葉を食べる人、食べない人、いろいろです。私は、もちろん食べます。あの香りと塩加減が何とも言えません。食べなきゃ。(でもクマリンは、毒もあるとかで、多量はダメだそうです) 


タグ:伝統構法
nice!(18)  コメント(7) 
共通テーマ:住宅

カモの行列 [日々の想い]

ヒドリガモの行列を発見しました。
hidorikamo01.JPG

目立たない灰色の頭のカモがメスです。
ヒドリガモの繁殖地はユーラシア大陸の森林地帯やツンドラ地帯の湿地や湖沼の分布する地域で、ここで産卵、子育てをしたあと、日本へ渡来するそうです。日本には、9月頃から翌年の3~4月頃まで、冬鳥として滞在するということであと1ヶ月ぐらいで繁殖地のユーラシア大陸へ帰っていくのでしょう。何を食べているのでしょうか。時々クチバシで土をついばんでいます。いっぱい食べていってくださいね。
hidorikamo02.JPG

 物音に気が付いてか、飛び立ちました。でも、少ししたら、やっぱりもどってきて餌を探すのです。



タグ:伝統構法
nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(4) [もとこちゃん]

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(4)
 もとこちゃんは、そろそろミキサー車が来る頃かな、見たいなって思ってお家を建てるところへ行きました。ところがミキサー車はいません。でも階段を上がって見たら、水を張ったみたいになっていました。ぴかぴかです。もとこちゃんがのぞくと、もとこちゃんが写るぐらいぴかぴかです。コンクリートミキサー車がやってきて、コンクリートを流した後でした。ちょっと遅かった・・・。
betakiso.JPG

「あのホースがでているところはなあに?」
「あそこが台所になるところよ」おかあさんが答えました。
「あそこのホースは?」
「トイレとお風呂」
もとこちゃんは、トイレやお風呂や台所を想像しました。
utakosakura02.JPG

「桜の花のつぼみが膨らんできたわ。花が咲く頃に柱が建つわよ」
その日が、まちどおしいもとこちゃんです。
タグ:伝統構法
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

発見!折り紙下駄 [日々の想い]

以前書いた記事
http://kido-azusa.blog.so-net.ne.jp/2010-02-11
 のときに見つからなかった折り紙の下駄を根性で発見しました。作者は、昨日82歳になったという叔母の弥生さんです。15センチの正方形の折り紙(両面色柄付きがいい)を使って、作ったものです。一枚の折り紙で片方の下駄ができるとのことです。出来上がりが、6センチです。「これは、折るのが大変、面倒なんだ」と作者の言葉。
origamigeta.JPG

 続いて、同じ作者の布のお雛様。かなり前にもらったので色あせてしまいましたが、あり合わせの布や毛糸・糸を使って制作したものです。
ohinasama07.JPG

手先の仕事をすることは、脳の活性化になるようです。元気いっぱいの弥生さん。見習わなくてはいけません。
 まだ、お雛様展のニュースを聞くことができます。四月初めまでお雛様を楽しみます。
タグ:伝統構法
nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅

鯉の甘辛煮 [日々の想い]

 花々の話の後は、味の話です。
 今年のお正月に友人宅で新年会。その席で『山形の鯉の甘辛煮』を食べさせてもらいました。友人の故郷の味だとの話でした。その美味しかったこと。またいつか食べたいと思う味でした。
 水生植物園の帰り道、近くの道の駅に同じ姿の鯉の甘辛煮が売られていました。琵琶湖産の鯉だとのことです。パンフレットを見ると、高島市の名産だとありました。
koiamakarani.JPG

 固い骨をのぞき、皮も卵も全て食べることができます。とってもいい味でした。調べてみると、鯉の甘辛煮は各地の名産としてあるようです。
タグ:伝統構法
nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅

今年初めての桜 [日々の想い]

 ブラブラ歩きの途中で、「あっ!桜」今年、初めての桜の花との出会いです。
kogansakura.JPG

しかし、本当に桜かな?早咲き桜にしては、色が薄いような気がします。しばし花を見て思案しました。が、梅なら枝に花を付けます。桜は花枝と呼ばれる小さい枝の先に花を付けます。よくよく見ると、その花枝があります。やはり桜でしょう。チラホラしかない花びらで寂しそうでした。写真にパチリ。いい花の形です。この桜は、何という種類なのでしょうか。
kogansakura02.JPG

 もとこちゃんの家づくりの土地の一本桜の蕾はまだ固いですが、日々膨らんでいることが分かります。ご近所には、たくさんの桜の木があります。今日の一枚をスタートとして、いろんな桜の表情を撮れたらいいなと思っています。

タグ:伝統構法
nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。