So-net無料ブログ作成

毛糸ぞうり [日々の想い]

よしぶき古民家『ギャラリー愉楽』さんで行われている『手づくりサロン Ami☆あみ』に参加しました。と言っても、私はこの作業はまだ無理なので、(首が完治しません)横で眺めてお茶を飲むだけの参加です。本日、行われたワークショップは『毛糸で作るぞうり』でした。これまでわら草履や端切れぞうりを少しやったことがありましたが、毛糸ぞうりは初めてです。布で作った場合、どうしても糸が出てくるということで、毛糸ではそれがないのです。
 作る道具は、布ぞうりとほとんど同じです。が、講師の門瀬(もんせ)さんのアイディアいっぱいのぞうり作成台のは感心しました。ぞうり作りで難しいのは、幅が一定しないことです。それを解消するために、木の台の途中に幅を固定するつまみ棒が差し込んでありました。この道具は、初めて見ました。ちょっとしたことで作りやすくなるものです。
keitozuuri.JPG

この作成台も講師門瀬さんの手作りだそうです。器用です。『頼まれたら、作ります』とのことでした。毛糸ぞうりは柔らかい感触です。残り毛糸を無駄にしない作品づくりです。もう少し体が回復したら、こういう作業もできそうです。
タグ:伝統構法
nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。