So-net無料ブログ作成
検索選択

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(2) [もとこちゃん]

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(2)
今日は、地鎮祭(じちんさい)ということで家を建てる場所に行きました。地鎮祭って、どんなお祭りなんだろうとお父さんに聞くとちゃんと教えてくれました。
 地鎮祭は、建物の工事を始める前に、その土地の神様に『土地を利用させてもらいます』とお許しもらうお祭りで、工事が無事にできますようにと祈る式だそうです。『安全祈願祭』と呼ばれることもあるということでした。
 梓工務店と相談して、今日にしたのだそうです。それは、今日が『友引』という縁起のいい日だそうです。一番いい日は、『大安』という日だけど、『友引』でもいいのだそうです。
 もう神主さんや担当の人が準備をしてくれています。台が置かれて、その台の上には、『野菜、果物、昆布、するめ、お菓子』などが飾られていました。塩やお酒ものっていました。まわりには、竹が四本立っていて、そのまわりを縄でぐるっと囲ってあります。もとこちゃんはなんとなくいつもと違う気分になりました。
 『それでは、はじめさせていただきます』白い衣装を着た神主さんの挨拶で地鎮祭は、始まりました。『・・・の儀』『・・・の儀』・・何回も神主さんは挨拶をしています。もとこちゃんは、『・・・の儀』という言葉がいっぱいありましたが、覚えることができませんでした。
 砂の山が作られていて、設計士の伊東裕子さんが、カマで『エイエイ』と砂の上をかきました。続いてお父さんが、スキで『エイエイ』と砂を掘りました。社長さんは、クワで『エイエイ』と砂をかきました。もとこちゃんは、これからいろんなところで『エイエイ』と言って家が建つのだなと思いました。そして家の4つの隅にパラパラっと紙をまきました。雪みたいでした。
jichinsai02.JPG

次は、サカキという葉の枝を神様にお供えするのです。お父さん、お母さん、工務店の人たち、近所の人、この地鎮祭に集まってくださった人たちがみんなお供えしました。もとこちゃんもお母さんと一緒にお供えしました。お辞儀は、二回礼をして二回手を打って、もう一回礼をするやり方です。
 もとこちゃんが一番ビックリしたのが、最後に神主さんが、お辞儀をしながら『ウオー・・・』と地面に向かって大きな声で叫んだことです。きっと、土の中の神様に『お願いしますよ・・・』と呼びかけてくれたのでしょう。
jichinsai01.JPG

タグ:伝統構法
nice!(15)  コメント(8) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。