So-net無料ブログ作成
検索選択

伝統構法の新しい動き [家]

2010年3月16日の国土交通委員会の質疑で伝統構法がとりあげられました。これで国会の場としては3回目となります。いずれも埼玉の西田議員による質問です。
今回の質疑の要約は
①『伝統的構法の設計法作成及び性能検証事業』が2008年度より3ヶ年としてきたが、2009年11月19日の質疑で、委員の中立性に問題があるとの指摘を受け、2年で打ち切り、予算成立後新たな委員構成でスタートする。
②新たな検証事業では、石場建ての実物大実験を行う。
③当面の措置も、十分に前向きに検討する。
です。詳しくは、http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.phpの3月16日の国土交通委員会のやりとりでご確認下さい。
 限界耐力計算にもとづく石場建ての建築確認も近畿だけでなく埼玉でもおりたとのことです。2010年6月からもっと迅速にする運用改正も始まります。施主が希望すれば、それに応じて安全かつスムーズに建てられる道が広がっていくことを切に願っています。
dentoukouhou.JPG




タグ:伝統構法
nice!(18)  コメント(8) 
共通テーマ:住宅