So-net無料ブログ作成
検索選択

おこしもの [日々の想い]

 お雛様の時期もさよならです。最後のお雛様話題は、お雛様のお菓子『おこしもの』です。友人にいただきました。
okoshimono.jpg

 この『おこしもの』は、愛知県(特に三河地方)に伝わるお菓子です。でも、三河だから全部のところにあるのかというとそれは違います。ちょっと地域が違うと、作らないのです。名前の由来は、木型から起こすから、木型に押し付けるからなどといわれています。
 米の粉に熱湯を入れて練ります。その生地をいろいろな形がほってある木型に押し込んでお菓子の型を作ります。そして、蒸すのです。色は、お菓子型を作ってから塗ったり、あるいは、色をつけて練った生地を組み合わせたりするのです。子どもたちと一緒に作ると本当に楽しいです。
 蒸し上がった『おこしもの』をお醤油を付けて食べます。砂糖醤油を付けて食べることもあります。素朴なお菓子です。
 『おこしもの』の木型は、代々その家に伝わっている物があるのです。また、写真で紹介します。木型は、彫り物ですので、かなり高価です。お米の活用の一つです。
タグ:伝統構法
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅