So-net無料ブログ作成
検索選択

桜に負けじとpart2 [日々の想い]

『キブシ』です。
キブシは、「木五倍子」と書きます。雌雄異株の落葉低木です。写真のキブシは「多分、雄株ですね」と説明を受けました。花茎は枝の各節から出て垂れ下がり、それに一面に花がついています。だから、花の少ない春先には大変目立ちます。この花芽は、なんと夏の終わり頃にはすでに出ているそうです。
kibushi.JPG

『ミヤマカタバミ』
とってもかわいらしい花です。はじめて見た花でした。葉っぱを見ると「カタバミ」と同じです。名前の由来が分かります。暗くて湿った木陰にたくさん群生していました。
miyamakatabami.JPG

『ダンコウバイ』
春の代表的な花です。マンサクの花かなと思うほど似ています。ダンコウバイは、壇香梅と書きます。クスノキ科クロモジ属ということで、やはり香りがある木です。
dankoubai.JPG

最後はおまけの写真です。お題は『春の水辺』
harunomizube.JPG

タグ:伝統構法
nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅