So-net無料ブログ作成
検索選択

浦島太郎の花? [日々の想い]

 野山を歩いていると、様々な草木に出会います。名前を覚えようと、図鑑を片手に奮闘するのですが、なかなかです。初めて知った名前の草木もいっぱいです。
 こんな名の植物が家のすぐ近くにありました。「ウラシマソウ(浦島草)」です。
urashimasou.JPG

釣り糸を跳ね上げたような形のものが付いています。それを浦島太郎が釣り糸をたれる姿に例えて、この名がついたそうです。葉の形は、掌状です。この葉だけを見ると、どこにでもあるような草ですが、葉の陰から出てくるこの花を見ると驚きです。一体、どなたがこの名前を付けられたのでしょうか。
 包むような形の花の仲間には、ミズバショウ、ザゼンソウもあります。みな「サトイモ科」だそうです。この仲間に「マムシグサ」と言うのがあるそうです。マムシの首・頭に似ているようです。

なお、明日から3,4日ブログお休みします。

《頸椎手術記 終了》
 昨年六月末からはじめた頸椎手術の記録。本日で終了です。最後の検診が終わりました。トンネルのようなMRの検査機械の中に入り、首の画像撮影をしました。ガガーカキーン・・と様々な音が出ています。どうして、こんな音で撮影できるだろうと興味津々の検査時間15分間でした。途中で気分が悪くなる人もいるとのことです。何度もこの検査を受けましたが、医療技術は本当に進歩したのだと感心します。
 自分の首の画像を、最初の手術前のものとを比較してみて感心しました。まっすぐ、通っているのです。「はい。順調。きれいです」の言葉で終了でした。初診以来約2年。長い間の治療に対して感謝しました。
 調子に乗って仕事をすると、まだ肩こりは出てきます。これ以後は、自分で筋力を付ける努力を続けることだと思っています。このブログを通して応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。
タグ:伝統構法
nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。