So-net無料ブログ作成
検索選択

地域のお祭り [日々の想い]

田植えの後に今年の実りを願う夏祭り、秋の豊作に感謝する秋祭り。いろいろな地域の祭りはその地の人々の願いが込められています。祭りは、地域の伝統文化でしょう。
 この地域では、大部分の田圃の田植えが終わった5月5日にお祭りがありました。
「地味ですが、この地の祭りですよ」と話されていた地域のおばあちゃん。どうしてどうしてすばらしいお祭りです。皆さんの装束は役割にしたがって様々でした。黒紋付きの裃の方、白い服とふんどし姿、赤い着物。耳には、五円玉の紐飾りを付けている方もいます。青竹の杖も神聖でした。
omaturi01.JPG

 この地域の五つの神社に「御神輿(おみこし)」が保管されています。それも金色のすばらしい細工物です。
omaturi03.JPG

中心の神社の御神輿は、日吉大社から譲り受けた物だそうです。譲り受けた実物は古くなったために、収納庫に飾られていて、今日だけ見ることができます。
omaturi06.JPG

現在担いでいるのは代替わりした御輿で、同じ形で作られたんですが、かなり軽いものになっているそうです。
 五つの御輿の中の一つが隣の集落の社にある『女の神様の御輿』です。朝、六時にこの女神の御輿がこの地にやってみえるのです。それを迎えて、神社に五つの御輿が納められるのです。
 午後、それぞれの御輿の練りが行われます。それが終わった夕方には、一つずつ御輿の前で神主さんの祝詞があげられます。
 そして、クライマックスは、薄暗くなった夕方。五つの御輿が競演し、女神御輿とお別れをするのです。写真ではちょっとはっきりしませんが、左から2つ目の提灯の灯りをつけている御輿が女神御輿です。提灯を付けて、長旅でお帰りになるのです。
omaturi04.JPG

暗くなって気がつくと、氏子さんの家々にはお祭りの灯りがともっています。伝統構法の家にぴったりの風情でした。
omaturi05.JPG

 それぞれの役割を担われる地域の皆さんの姿を見ながら、ずっと続いて欲しい行事だと思いました。去年は、半分しか見ることができませんでした。今年は、夕方の神事まで見ました。来年は、朝早い「お出迎え神事」をぜひ見たいと思っています。



タグ:伝統構法
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。