So-net無料ブログ作成

またまた 山菜天ぷらを [日々の想い]

 今夜の山菜天ぷらの一つが『アザミ(薊)』でした。
azami01.JPG

「アザミの天ぷら、美味しいよ」の言葉で挑戦することにしました。初めてです。フサフサと美味しそうなアザミの葉を見つけ、新芽のところを摘みました。
azami02.JPG

その痛いこと。こんなトゲがあるのに大丈夫かしらと、ちょっと調べてみました。「アザミの天ぷら」の情報によると、「トゲは熱によって苦にならないほどになる」とのことでした。
azami03.JPG

 ところが、やはり、トゲは少しは気になります。大きな口を開けてトゲが口の中にあたる前に噛むことを心がけました。春の山菜のひと味であることは確かです。アクも感じません。しかし、トゲが気になって「よしっ。次も採って食べよう」というほどではありません。気が向けばぐらいでしょうか。アザミは、もうすぐ花を咲かせます。味わうより花を眺めるのがふさわしいかなって思います。
 本日の山菜天ぷら。
コシアブラ・・多分、今年の最後です。
クレソン・・自生クレソンがまだ出てきます。
タケノコ・・孟宗竹は終わったけど、細い竹のタケノコです。
エンドウ・・これからもたくさん採れます。
ワラビ・・だんだん苦みが強くなりました。この時期では天ぷらでも、あく抜きをしてからがいいと思いました。もっと早い季節はあく抜きしなくても大丈夫。
この中で、一番美味しかったのは、やはり「コシアブラ」でした。今年、たくさん食べました。感謝です。
タグ:伝統構法
nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。