So-net無料ブログ作成
検索選択

ハンカチノキ [日々の想い]

 ずっと探していた木に出会いました。「ハンカチノキ」(ハンカチツリー)です。白い花のようなのが葉の隙間に揺れて、それは、まるでハンカチをふったようなのです。きっとその名の由来でしょう。白い部分は、葉が変容した包と呼ばれる部分だそうです。その白い部分の付け根に花があるのです。
hankachi01.JPG

 もう少し早く見つけていたら純白なハンカチだったのに、少し茶色くなっている花もありました。調べてみると、これは、ミズキ科。ミズキ、ハナミズキ、アオキなどが同じ仲間です。
hankachi02.JPG

 4月から5月上旬にかけて咲く、たいへん珍しい木です。探し初めて十何年、初めて見つけました。東京都の小石川植物園に咲いていることは知っていましたが、そこまでなかなか行けません。
花をつけるまでには10~15年くらいかかる そうです。また、木はあっても花を付けるのはなかなかだそうです。だから今日見つけた花をつけたハンカチノキは、本当に珍しいのです。英語名は鳩の木(Dove tree)です。
 地元の小学校の校長先生が「ハンカチノキを学校に植えたい。そうしたら、子どもたちにハンカチを持ってくる大事さを楽しく話せる」と言ってみえたことがあります。でも、その学校に植えられたという話は聞けなかったのでダメだったのでしょう。

タグ:伝統構法
nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。