So-net無料ブログ作成
検索選択

ミモザのタネ [日々の想い]

ミモザがどうしても欲しくなり、我が家に1本植えました。まだ小さくて元気がありません。ミモザのことを調べてみました。『ミモザの名前の由来は、マメ科の植物であるオジギソウを指すラテン語名』とありました。でも、花を見ていると、マメ科とはなかなか分かりません。
 二週間ほど前から、大きなミモザの木にいっぱい実がつきました。房の中に小さいタネが入っています。これを見ると、ミモザはやっぱりマメ科なんだなって思います。
roz&mary03.JPG

 このタネができたミモザは、四月初め頃には、真っ黄色の花が木全体を覆っていました。ところが、違う種類のミモザは、今まだ花盛り。ミモザの枝は弱いとのことで、紐でくくりつけてあります。
roz&mary02.JPG

このきれいなミモザのあるところは、滋賀県の北比良・比良トピアの近くのロズ&マリーさんです。
roz&mary01.JPG

 ミモザの他に『コナラの木』『山フジ』『ツルバラ』がお店を包んでいます。
rozmary.JPG

お店は、自然とよく調和し美味しいパスタ、カレー、コーヒー、紅茶、シフォンケーキなどがあります。どれもこだわりの味です。パスタやカレーと一緒に出てくるサラダは、おから入り。おからが新しい味に変身しています。

タグ:伝統構法
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。