So-net無料ブログ作成
検索選択

松江散策 その2 [日々の想い]

 松江城には、お城を巡る堀がたくさんあります。外堀と内堀が、お城を囲み、いざという時の守りだったのです。そこに、何年か前からお堀巡りの遊覧船が始まりました。
 知っていたのですが、初めて乗ってみました。
matue11.JPG

一日、何度乗ってもいいという、大人1200円券を購入しました。お城の裏の方角にあたる、ビール館近くの乗り場から乗船。一周は約50分とのことでした。
遊覧船の船頭さんは、免許所有者で多くの方がいらっしゃるようです。乗船した船頭さんは、一割しかいないという女性船長さんでした。名前は、三島春美さん。写真も名前も公表を了解していただきました。「ぜひ、宣伝してください。皆様がいらっしゃるのをお待ちしています」とのことでした。説明も歌もお上手な船頭さんでした。
この堀川遊覧は、16の橋をくぐるそうです。その橋は、低い物もあるので船の屋根を低くしなければなりません。当然、お客も身体を横にして低くするのです。その練習をしてから出発でした。
 くぐった数々の橋は、それぞれが趣があるものでした。
matue09.JPG

matue06.JPG

matue10.JPG

一つの大きな橋は、外堀に出た時の橋です。この橋は、一見低そうですが目の錯覚。長いためにそう感じるようです。この橋の下の来たときに歌ってくださったのが「関の五本松」エコーがきいて歌がさらに上手に聞こえました。
 下船する前に歌われたのが、「安来節」でした。
matue13.JPG

予想以上の遊覧経験でした。続く
タグ:伝統構法
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。