So-net無料ブログ作成

我が家のおきゃくさま [日々の想い]

最近我が家で撮影した虫たちです。
まずはミヤマカミキリムシ。玄関の戸にずっと止まっていて、動こうとはしませんでした。
kamikirimushi.JPG

日本に分布するカミキリムシのなかでも最大の大きさの1つです。確かに大きい虫でした。
成虫は夏にクヌギなどの樹液を食べているそうです。クヌギが近くにあるせいでしょう。
お次は、シジミチョウ。
shijimichou.JPG

調べるとヤマトシジミという名前です。食べられる貝のシジミにも同じ名前のがありますね。
幼虫の食草であるカタバミの周辺を、地面すれすれにチラチラ飛んでいることが多いそうです。
最後は、サワガニ。
sawagani.JPG

流れが急ですが、小川が境界を流れているからかな?
その他、モンキチョウにモンシロチョウもたくさん飛んでいます。ムカデもいますが、今年は部屋の中ではあまり見かけません。外で死んでいるムカデに出会います。ちゃんと足の数を数えました。
昨年は、カブトムシがいたのですが、今年は出会いません。


タグ:伝統構法
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

名古屋城本丸御殿修復 [家]

1ヶ月前ほどの新聞記事の切り抜きを友人にもらいました。
タイトルは 『専門家「伝統的工法、相談なく変更」 名古屋城本丸御殿復元』
2010年7月9日 中日新聞夕刊の記事ですが、
伝統的な石場建て工法(妥協的な工法ですが)を、専門家との相談もなく名古屋市が勝手に礎石にボルトを立てるやり方に変えてしまったようです。
《記事より引用》
 名古屋市が2017年度の完成を目指す名古屋城本丸御殿の復元工事で、市に助言してきた専門家が「当初の予定を相談なく変更し、伝統的でない工法で進めようとしている」として市にやり直しを求めている。市は「耐震性や見栄えを考慮し、裁量の範囲内で変更した」と予定通り工事を進める構え。伝統工法にこだわる専門家と、限られた予算内で工期を急ぐ市の主張は折り合わず、平行線をたどっている。
 市によると、当初の設計では、柱を礎石の上に直接立てる伝統的な工法をとる。横に寝かした木材と、2枚の鉄板で横から挟みボルトで締めて補強することになっていた。
nagoya02.jpg

ところが工事の段階で、「乾燥を保ち腐朽を防ぐため」(市営繕課)などとして礎石にボルトを打ち込み、そこに柱を固定する工法に変更した。市の担当者は「多くの市民が利用する施設として耐震や見栄えの問題もあり、現場の判断で最善策を考え変更した。できるだけ当時の工法での復元を目指すが、どこまで忠実にやるかの裁量は任されている」と説明している。 
nagoya01.jpg

 これに対し、名古屋城跡全体整備検討委員会建造部会の部会長を務める麓(ふもと)和善・名古屋工業大教授(建築史・文化財保存修復)が「事前に相談せず、忠実な復元でない」と反発。また、「一般的な公共事業と違い、文化財の価値を高めるという認識が必要。詳細な実測図に基づいて復元できるのに、このままではいいかげんなものになってしまう」と危惧(きぐ)する。
《引用おわり》

 【名古屋城本丸御殿】 江戸時代初期の1615年完成。近世城郭御殿の最高傑作とされ、1930年に国宝に指定されたが、45年5月、空襲で天守閣とともに焼失。2007年に文化庁の許可を受け昨年1月から復元工事が進められている。なお、名古屋城の天守閣自体は1959年(昭和34年)に再建されています。
 焼失前の本丸御殿と同等の歴史的文化的価値を有する建物を再現するよう、原則として旧来の材料・工法による、旧状再現を図るものとします。なお、現代の技術や生産事情、活用方法や維持管理も考慮して取り組むこととします。復元時代は、寛永期(1624-1644)です。
 復元工事のHPはこちらです。
http://www.hommaru-palace-jv.com/

石場建ての復元、ただ単に礎石の上に光り付けで柱をのせるやり方が、文化財レベルでもねじ曲げられていることを示しています。礎石にボルトを立てて柱をのせるやり方が耐震性が優れているとだれが判断したのでしょう。建築基準法の基礎工法に近づけるやり方にすぎません。後世に恥ずかしい復元?としかいえません。麓教授にがんばれのエールを送ります。
タグ:伝統構法
nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:住宅

涼しさを求めて その2 [日々の想い]

我が家の敷地の境に、山からの水路があります。石組みでつくってあり、相当な労力を費やされたものです。水は、山から湖にむかって自然な傾斜を利用して下りていきます。我が家のあたりはちょっと急な傾斜のせいか、流れる音は、ザーザーとかなりなものです。
funsui03.JPG

田畑を潤す水ですが、自然の恵みを時々いただいています。水路を利用して水まきをしていましたが、ある日根もとのホースがはずれたら、ものの見事な噴水になりました。5mほどは水が上がります。なにより見た目が涼しげです。
<写真ではすこしわかりずらいかもしれません>
funsui01.JPG

水路をのところにおいてある、汲み上げの電動ポンプが動力です。
funsui02.JPG

ホースとつなぐと庭のかなりの部分の水まきができて便利です。
この水路を家庭に引くことは禁じられているのですが、汲んでいただくことは近くの方々もやっています。涼の恵みをいただいています。
タグ:伝統構法
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(29) [もとこちゃん]

もとこちゃんちの家づくりのおはなし(29)
暑かったけど、涼しい風が吹いています。
今日も、もとこちゃんはお家見学です。もうすぐ完成だと思うと嬉しくてたまりません。
家の高い窓のところに何かできていました。
catawalk01.JPG

「あれ。なあに」
お母さんに聞きました。
「あれはね。キャットウォークという名のところなの?日本語にするとネコの道かな。梓工務店の裕子さんの設計には、これがよく付いているのよ」
「ネコが歩くの?でも、うちはネコを飼ってないよ。これからネコを飼うの?」
もとこちゃんは不思議に思いました。
「ううん。そういう名前のところなの?でも、もしかしたら、こういう所はネコが大好きで歩くのかもしれないなぁ」
「私もいっぱい歩こう、楽しみ」
ともとこちゃんは、お母さんに言いました。
お母さんが
「窓が高いでしょう?窓を開けるときにここを通るのよ」
と教えてくれました。
catawalk02.JPG

でも、もとこちゃんは、『どこからあがったらいいのかな』と探しました。
これから、キャットウォークへ上がるはしご段ができるそうです。
高いところへ上ったり降りたり・・・遊び場を発見して、もとこちゃんはご機嫌です。

注:キャットウォークとは?
高い所や、人が簡単には近づけない場所で作業をしたり、設備機器を点検するために設けられた細長い通路をさす。鋼鉄製で天井などから吊り下げられていることもあるが、一般住宅の吹抜けなどに設けられることもある。

タグ:伝統構法
nice!(12)  コメント(10) 
共通テーマ:住宅

涼しさを求めて [日々の想い]

 どこが涼しいのでしょうか。
近場をウロウロしています。先日、マキノ高原のメタセコイア並木をみに行きました。地元の方が何年か前に植えられたとのことです。よくぞ考えられたと感心します。季節ごとに行って見ようと思うのですが、まだ夏1回と秋2回。
夏のメタセコイアの並木です。大変涼しいところです。
metasekoiya01.JPG

メタセコイアの並木は何カ所かあります。場所によっては、枝がぐーんと伸びてトンネルを作っているところもあります。写真を撮りにきている方がたくさんでした。
metasekoiya02.JPG

おまけの写真は、昨秋のメタセコイヤ並木です。
metasekoiya03.JPG

メタセコイアの並木の木には負けますが、我が家の庭の杉の木。地面から見上げたらこんな光景でした。
sugi01.JPG

この下は、木の陰でいつも風がサヤサヤしていて涼しいところです。ゴザを敷いて昼寝もできるかなって思っています。(虫がこなければ邪魔されないんですが)
この木の下にいると、うるさいほどの蝉の声や上手になったウグイスの声が入り交じって聞こえます。
一つの暑さ対策です。
タグ:伝統構法
nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。