So-net無料ブログ作成
検索選択

耐寒性マラコイデス(プリムラマラコイデス) その1 [日々の想い]

 耐寒性マラコイデス(プリムラマラコイデス)は、西洋サクラソウとも言われるようです。それを家で苗取りをすると大変安上がりにできます。春に花が咲いた後、小さいタネがいっぱいできます。枯れた花を苗用の土の上にそのまま置いておくと、夏になったらぎっしりと芽がでます。ただ、太陽があたるところではすぐに枯れてしまいます。湿った日陰に置いておきます。
sakurasou01.JPG

芽が出て少し大きくなったら、一つずつポットに苗取りをします。毎日水をやって、これも日陰に置いておきます。
sakurasou02.JPG

秋、園芸店に行くと、一つ80円から150円ぐらいで売っています。
こうやって、実生の物を使うと、安上がり。そんなに面倒ではありません。お薦めの植物。ただ、アレルギーがある人は、この植物は相性が悪いので、ちょっと注意です。
どうやって大きく育って花が咲くか。シリーズでお知らせします。
タグ:伝統構法
nice!(10)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。