So-net無料ブログ作成
検索選択

東北 米沢を訪ねて その5 [家]

上杉家12代にわたる藩主のお墓が、米沢市の御廟所(ごびょうしょ)というところにあります。
年月を感じさせる杉木立、身が引き締まる思いがします。
まずは初代上杉謙信、中央に位置します。
uesugi02.JPG

2代から12代まで左右交互に並んでいます。
2代の景勝、入母屋造り・総檜・丸柱で造られています。
uesugi09.JPG

ところが、7代の上杉鷹山は、宝造り・杉や檜・角材で造られています。
uesugi03.JPG

質素倹約の鷹山公らしいと感じました。埋葬も今までの火葬から土葬に変わったそうです。
地元の人が、「御廟のお墓で、ずっと花が絶えないのは鷹山さんで、最近は景勝さんところにも花があるようになった」とおっしゃってました。景勝さんは、大河ドラマからのようです。
全国的にみても、これだけ藩主をきちんとした形でお祀りしてあるのは貴重でしょう。
 米沢行きは、お墓巡りが多かったです。
nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。