So-net無料ブログ作成

秋 ありふれた蝶・虫・草 [日々の想い]

ヒラヒラとよく訪れる黄色い蝶々。どこでも見ることができるような種類ですが、きちんと取り上げていきたい気がします。
『キタテハ』です。
kitateha.JPG

幼虫はトゲがいっぱいのカナムグラという草を食べて大きくなります。チョウの後ろに見えるのが、「セイタカアワダチソウ」今年は、やけに姿が見えます。

お次は、『イナゴ』。
inago.JPG

今や、佃煮や天ぷらにされそうな虫です。田んぼから遠く離れたところにいました。薬から逃れてきたのでしょうか。一度、食べたことがありますが、口の中でガサガサしました。

『ノイバラ』の実が色づいてきました。
noibara.JPG

我が家やその周辺、ノイバラでいっぱいです。いろんなものにからまっています。ノイバラが色づくとワクワクします。大きな花瓶にさして楽しみます。

最後は『アカノママ』。
akanomama.JPG

おままごとのごはん代わりです。アカマンマともいわれています。イヌタデという正式名です。『たで食う虫も好きずき』のタデで、葉が辛いそうです。アカノママという呼び名の方がこの草と人とのつながりを感じさせます。

タグ:伝統構法
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。