So-net無料ブログ作成

自生の野草 [日々の想い]

歩いていて、赤いものはパッと目に飛び込んできます。『真っ赤だな、真っ赤だな・・』という童謡がありますが、秋の色の一つが『赤』です。
赤い実の『カラスウリ』が道ばたの木にぶら下がり出しました。家に持ってきて飾りたくなります。ところが、手が届くところで見つけるのが一苦労です。でも、一ツル切り取って玄関の郵便受けなどに吊すと、何とも言えない秋の風情です。意外と長く色落ちがなくて持ちます。
karasuuri.JPG


次は、『ヒメジョオン』。‥と思われます。
himejoon.JPG

似ているハルジオンは、春だけですから。

これは、『オニタビラコ(鬼田平子)』。世界中に分布しています。
onitabirako.JPG

この仲間のコオニタビラコは、春の七草のホトケノザのことです。

最後は、『ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)』。
himeturusoba.JPG

葉にはV字の黒っぽい斑点があり、地面をはうようにしてマット状に広がります。

タグ:伝統構法
nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。