So-net無料ブログ作成

手作りの味 [日々の想い]

今日、手作り味噌壺が完成しました。
tezukurimisotsubo.JPG

プロの陶芸家、愉楽さんの陶芸クラブでつくりました。蓋つきの作品は始めてで、ほとんど先生つきっきりで教えてもらいました。作っていると、粘土がどんどん下へずり落ちてきて、まあるい膨らみの壺にならないのです。汗をたらしての作品づくりでした。できあがって眺めると、今の段階で満足。
そこで、かねて仕込んでおいた手作り味噌を入れることにします。手作りのダブルです。
tezukurimiso.JPG

前からの何年ものの味噌はコクがありますが、若い味噌もあっさりしてなかなかの味です。今年もできました。

近くを歩いていて、野菊を摘みました。紫色が映えています。
kogiku.JPG

『紺菊』でしょうか。野の菊はいろいろ見つけましたが、濃いこの色もすてきな野菊です。
タグ:伝統構法
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

これは何! [日々の想い]

未確認物体、現る。(写真の黒いつぶです。わざとアップで撮っていません)
inoshishi01.JPG

これを見た友人が即座に、「これはイノシシです」と。

そういえば、我が家の脇を流れる小川の斜面が大変なことに。
inoshishi02.JPG

inoshishi03.JPG

「これは夜にやってきて、ミミズを探して食べたんですよ」と友人。

えっ!イノシシが夜にやってくるなんて。
早速調べました。『イノシシの生態』
inoshishi04.jpg

        <イノシシの写真はお借りしました>
低山帯から平地にまで棲息する。主に森林に棲み、食べ物を求めて農耕地などの人家の近くにも出没します。雑食性で、植物の根茎・葉・果実、また昆虫・ミミズ・カエル・ヘビなどを食べます。通常春から秋にかけて年一回、一度に四~五頭ほどの子を出産するが、年に二回春と秋に出産することもあります。寿命は十年に満たないです。
 イノシシは夜行性ですが、エサ不足だと、昼間もうろうろしていることがあります。また、発情期は12月から3月ですが、その時期、牙のあるオスは気が立っていることがあります。

熊はこの集落には出ませんでした。一番近くて5kmは離れています。やっと熊が冬眠に入ったと思ったんですが、イノシシのために熊除けの鈴をまた持ち歩かなくてはいけません。
suzu.JPG

もし出会ったらと心配です。出会いそうな場所では、歌を歌ったり、人と話したり、ラジオを鳴らしたり、鈴を鳴らしたりすることです。人の気配があれば、むこうから避けてくれます。不運にも出会ってしまったら、とにかく無視することです。目を見たり、身構えたりしてはいけません。さりげなく、お互いの距離を広げていくことです。至近距離で出会わなければよさそうですが‥。

タグ:伝統構法
nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

秋深し [日々の想い]

モミジは赤が定番ですが、我が家近くのモミジで黄色に色づいている木がありました。
kimomiji01.JPG

黄葉(こうよう)という言葉もあるようです。木の種類なのか、育っている場所の温度の違いでしょうか。イチョウやケヤキなどの黄色も素敵です。

秋の『コシアブラ』です。
koshiabura.JPG

春の新芽がおいしい山菜で有名ですが、12月はじめでは比較的大きな葉が薄い黄色に染まり、なかなか落葉せずゆらゆらしています。この時期に見つけておくと、春の楽しみが増えると思います。

『ナンテン(南天)』の実です。この紅さはステキです。お正月まで、この実が小鳥に取られないで残って欲しいと願います。
nanten.JPG

難を転ずるということで、家の庭のすみや垣根によく植えられています。

タグ:伝統構法
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。