So-net無料ブログ作成
検索選択

雨樋 顛末記 その2 [家]

 南の部分の屋根は、軒も広く、雨が落ちてもその跳ね返りは壁には影響があまりありませんでした。砂利を敷いていることも跳ね返りを少なくしたのです。
 が、玄関部分については、樋をはずすことは考えものでした。玄関部分は、一部が飛び出しています。大屋根の雨が下の屋根に落ちて、それが四方八方飛び散るのです。飛ぶだけでなく、下の屋根から玄関の壁に水が伝わっていきました。壁に水の流れのあとがつきました。そのために、壁の中に水がしみこんでいるようなのです。一部の漆喰が膨らみはじめました。
margaret.JPG

 一体、雨の水はどうやって下へ伝わるのか・・・。雨の中を傘をさしながら何度も観察して、その流れや飛び跳ねる様子を観察したのです。
その結果として、「この部分には、もう一度雨樋を付けよう」ということになったのです。板金屋さんと再度相談して、雨樋の傾きや水の流れを検討して付けました。
amadoi04.JPG

その後の雨の日から、水の跳ねはなくなり、水が壁を伝うことはなくなりました。雨樋の必要性を再確認したのです。
 では。樋に溜まる落ち葉はどうしたらいいのか。それは、手で掃除するしかありません。結局、長いはしごを購入することにして、下の屋根にのって長い竹箒等で掃除をすることにしました。屋根から落ちないようにしなくてはいけません。
 ご近所で、やはり雨樋がないお家があります。雑木林に囲まれている家です。このお家は、軒が大変長いのです。そして、下には飛びはねを少なくするために砂利がしっかり敷いてあります。雨水対策は家にとっては重要なポイントだと改めて認識しました。
niji02.JPG

タグ:伝統構法
nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。