So-net無料ブログ作成

耐震建築問答 [家]

木造建築の記事で、『耐震建築問答』というものを紹介しているところを見つけました。『耐震建築問答』は、田邊平學という大正から昭和の建築学者(1898-1954)の著書です。問答集の形式になっています。この建築学者は欧米の建築も研究して、壁量や筋交いといったいまの建築基準法の考え方を提唱した人なのですが、その中の問127は「土台は基礎に緊結せぬ方が良いか?」は興味深いことが書かれています。原文は、
http://tk-mondou.seesaa.net/article/167526320.html
です。
伊豆地震の倒壊をかなり詳細に調べて表にしています。その1つでは、土台と基礎の緊結に着目しています。
dodaikinketsu03.jpg

その他、地震による柱のずれなど面白いデータがあります。
地震の倒壊調査でも、どこに着目するかで大きく見方が違ってきてしまいます。この『耐震建築問答』の木造の部分は、おおむね今の建築基準法に沿った主張なのですが、この土台と基礎の緊結はデータに沿って緊結しない方がよいといっているところが面白いところです。
tubomi.JPG

 木造伝統構法の国の研究は、いよいよ実物大実験にさしかかっています。1月の実験の参加希望は300名の定員がものの2時間足らずでいっぱいになってしまいました。過去2年間研究をしてきた中心の人たちも雑誌や別の研究会で意気盛んになってきました。どちらがどうということはありませんが、データをきちんとみて真摯な研究を積み上げて欲しいものです。
タグ:伝統構法
nice!(13)  コメント(5) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。